スポンサードリンク

ヨガを行うときの体調

ヨガを行う時の体調
ヨガを行うことで体調がすっきりするのはいいのですが、体調不良のときに無理にヨガを行ったら、かえって逆効果になるときがあるので注意してください。


1.生理中や体調不良のときは、激しいポーズは避けて、無理はしないでくださいね。
軽い風邪のときなどは、軽めのポーズを行うことで、スッキリしたりすることもあります。しかし、無理をしないで、激しいポーズは避けて、気分が悪くなったりしたら、すぐにやめてください。


2.心臓が弱い人、悪い人、高血圧の人は慎重にヨガのポーズを行ってくださいね。
逆立ちは避けて、やさしいポーズから始めてください。


3.お酒を飲んだあとは、完全にアルコールが抜けてからポーズの練習をしてくださいね。
アルコール分が体に残っていると、バランス感覚が悪くなり、転倒する危険性があります。また、血圧や血流も乱れているので、ヨガのポーズをしてめまいをおこしたりすることがあります。


ヨガのポーズとポーズの間には、「くつろぎ」をとって、ココロも体もリラックスさせますが、体調があまりよくないときには、この「くつろぎ」の時間を普段よりも長めにとって、リラックスしてください!

フィード