スポンサードリンク

三角のポーズ

ヨガポーズ:三角のポーズ三角のポーズは、手足をまっすぐに伸ばして、内蔵に刺激を与えます。体のよどみがとれて、すっきりした気分になれますよ。上体を伸ばすの三角のポーズは、背骨を強化し、またねじりも入るので、ウェストのシェイプアップにもなります。生理痛や便秘解消にも効果的なポーズです。


ヨガポーズ「三角のポーズ」
1.足はなるべく大きく開き、ふらつかないように床を踏みしめ、息を吐ききります。このときに、ふらつかないように、足の親指側に体重をのせるイメージをとってくださいね。


2.息を吸いながら、両手を真横に開いていき、水平になるようにします。


3.そこから、息を吐きながら、上半身を左にねじって、ゆっくりと倒していきます。このときに、すでにかなり腰に刺激が入るので、腰や背中がつりそうな感じがしたら、床に手がつかなくても、 自分が倒せるところまで倒して、体勢をキープしてみてください。


4.右手は左足の外側につけて、左手はまっすぐに上にのばします。目線は、左手の先を見つめてください。この姿勢で、2,3呼吸、腹式呼吸をとってください。


5.息を吸いながら、上半身をゆっくりと起こしていき、もとの位置にもどったら、息を吐ききります。

※同じ要領で反対側も行います。


ヨガポーズ「三角のポーズ」の効果
・背骨の強化
・ウェストのシェイプアップ
・生理痛や便秘解消 など

フィード