スポンサードリンク

ネコのポーズ

ヨガポーズ:ネコのポーズネコのポーズは、背骨を刺激することで、自律神経を刺激して、むくみ、冷え性に良いとされているポーズです。


ヨガポーズ「ネコのポーズ-基本」
1.肩幅に手と脚を開いて、四つん這いになる。

2.息を吐きながら、ネコのように背中を丸める。このとき、頭は腕の中に入れ、目線はお腹を覗き込むにする。
そこで、2、3呼吸ゆっくりと腹式呼吸をする。

3.息を吸いながら顔を上げ、背中を反らせていく。
※目線は天井を見るような感じで行うのが良い。

自分がイタ気持ちいいところで静止し、腹式呼吸で2、3呼吸する。


ヨガポーズ:ネコのひねりのポーズウェストをひねることで、胃腸もひねって刺激するので、便秘体質の改善になります。またウェストもひきしまります。


ヨガポーズ「ネコのポーズ-ひねりのポーズ(応用編)」
1.四つん這いの姿勢から、左右の手の指をかみ合わせ、アゴを手の上にのせます。

2.ひざとひざを合わせて、足先はつま先だちで、息を吐きながら、お尻を右横に床スレスレまで下ろして、そこで止めて2、3呼吸とり、元の位置に戻ります。左側も同様に倒していきます。

かなり腰に強い刺激が入ると思うので、床スレスレまでできなくても自分のできる範囲でキープして呼吸をとってください。


ヨガポーズ:ネコのひねりのポーズひねりのポーズに加えて、足を上げることで、より強い刺激が背中や腰に入ります。

太腿、臀部のシェイプアップにもなります。

また、背骨や脊髄を刺激するので、造血作用が高まり、冷え性、貧血体質の改善に効果があります。


ヨガポーズ「ネコのポーズ3-足上げひねりのポーズ(応用編)」
1.体勢は「ネコのひねりのポーズ」と同様の姿勢から、左足を高く上に上げます。

2.息を吐きながら、お尻を上げた足を右側に倒していきます。
そこでキープして2、3呼吸とります。

3.その後、息を吸いながら、元の位置に戻していきます。
今度は右足を上げて、左側に倒していき、同様に呼吸をとります。

足は誰かに持ち上げられて、引っ張られているようなイメージを浮かべて行ってみてくださいね。


ヨガポーズ「ネコのポーズ」の効果
・むくみ解消
・冷え性
・便秘
・ウエスト引き締め
・シェイプアップ 

フィード