スポンサードリンク

亀のポーズ

ヨガポーズ:亀のポーズ亀のポーズは、腕、肩、首筋、背中を刺激することで、これらの部位の脂肪や贅肉をとります。また、これらの部分をほぐすことで、血行がよくなり、肩こり、腕の疲労感、腱鞘炎が軽くなる効果があるとされています。

首筋、背中を通る神経を刺激することで、全身の疲労回復をとり、不眠症にも効果があります。肺、気管支の内臓器官をそらして、強化することで、カゼなどをひきにくい体質にしてくれます。


ヨガポーズ「亀のポーズ」
1.床にうつ伏せになり、体を伸ばします。背中で両手を合掌し、内側背中側にひねって、手を頭のほうに向け、できるだけ、顔のほうに引き上げていきます。このとき、合掌ができなかったら、その場所で止めて、ポーズをとってみてください。


2.足は足先を伸ばしてて、この姿勢から、息を吐いて、顔、胸とあげていき、2,3呼吸、腹式呼吸をします。


3.その後、息を吸いながら、ゆっくりと胸、顔の順に床に下げていきます。


4.一呼吸おいて、今度はそろえた両足も顔と胸と同時に、上げていきます。この時は膝、足先を伸ばして、曲がらないようにしてください。お尻がかたくなっているような意識をもって行うと、ヒップアップ効果も期待できます!


ヨガポーズ「亀のポーズ」の効果
・腕、肩、首筋、背中のシェイプアップ
・肩こり、疲労感、腱鞘炎の軽減 など

フィード