スポンサードリンク

開脚のポーズ

ヨガポーズ:開脚のポーズ開脚のポーズは、名前の通り、脚を開くポーズです。


私はこのポーズが一番苦手で、未だに「開脚」というには程遠いくらいしか開くことができません・・・・・。

しかし、この開脚のポーズだけは無理をすると足の内側の筋を痛めるので、自分が開ける範囲で、ピリピリとした刺激を感じとればOKなので、自分にあったレベルでトライしてみてください。

また、開脚のポーズは、毎日行っていると、少しずつ開けるようになるので、気長に行ってみてくださいね。

内股の筋をのばすので、腰を強化します。骨盤をひらくことで、ひずみを矯正し、太りすぎや、内臓下垂にも効果があるとされています。


ヨガポーズ「開脚のポーズ」
1.背骨をまっすぐに伸ばして、両足を横に開いていきます。この時、手で内腿をさすって、少しでも開くように「気」を送り込んでみてください。


2.息を吐きながら、両手と上半身を前に倒していきます。このとき、前に行こうとして手を前に出すのではなく、腰を入れるようにして、力を抜いて前にいくようなイメージで行ってください。


3.自分のいけるところまで、行ったら、ゆっくりと腹式呼吸をとります。できる方は前に伸ばしていた腕を横に伸ばして、呼吸をとってみてください。


4.ゆっくりと息を吸いながら、静かに上半身を起こし、手を離し、もとのポーズに戻り、息を吐ききります。


ヨガポーズ「開脚のポーズ」の効果
・腰の強化
・ひずみを矯正
・太りすぎや内臓下垂 など

フィード